【保存版】タイラバ必須アイテムまとめ

【保存版】タイラバ必須アイテムまとめ

【タイラバ】

最近タイラバについてよく聞かれることがあるので少しまとめてみたいと思います。

タイラバとは昔に漁師が鯛を釣るために使用していた魚具をルアーゲームに適した形にしたものが今のタイラバです。
巻くだけの簡単な釣りであることから、初心者でも簡単に大鯛を釣り上げることができる今人気の釣りの一つです。

使用するラインもPE0.8~1.0号とライトなラインを使用します。

ただし大真鯛の突っ込みをまともにうけてしまうとそんな細いラインではあがりませんが、ドラグの設定をしっかりしていけば問題ありません♫

簡単な釣りですが、日によって変わる当たりのカラーや形状、アクションを探す上では実は非常に奥が深いゲームフィッシングですね~。

【タイラバヘッド】

タイラバのおもりの部分です。

材質は鉛もしくはタングステンの2種類です。

重さの目安としては水深X1g(100mなら100g)とありますが、各海域で異なりますので船頭さんや釣り具屋さんに確認をしましょう。(正直あまり参考にならないですね・・)

参考として私は、伊勢湾や主に駿河湾でタイラバをやっていますが、150gの鉛が一番軽く、メインは200gの鉛、約150g~300gのタングステンのヘッドを1軍で使用しています。

駿河湾では水深も深く、潮が速いことも多いのでその対策です。船の上では追加購入できないのでついつい備えてしまいます笑

最近だとメーカーからディープタイラバ用のヘッドも販売してくれているので非常に助かってます(^^)

ダイワ(DAIWA) メタルジグ 紅牙 ベイラバーフリー カレントブレイカー ヘッド 300g ホログリーン

参考にダイワから出ているカレントブレイカーの300gです。ディープエリアでは必須のヘッドです。販売してくれてありがとうございます涙 メリットは鉛ですので比較的安価かつ重量があるので底を安定して取ることができます。

 

次に無くてはならいのがタングステン製のヘッドです。

ルアーのシルエットが小さくないと食べない経験って釣り人の皆さんであればおおいにあるのでは無いでしょうか。

シルエットを小さくしたいのに潮が速い場面で軽い物を使用すると、横の人とお祭りしてしまったり底をとれないために手返しが悪くなり釣果に響きます。

そんな状況打破に使用するのがタングステン製のヘッドです。

タングステンは密度が鉛の1.7倍(同じ形(体積)で1.7倍重い)ので潮の影響を受けてもすっと底を取ってくれます。

鉛の200gでは底をとれなくても、タングステン150gであれば底をとれる状況も多いです。

デメリットとしてはコストが高いことです。ですが、備えとしてタックルボックスには必ずいれています。私はもう何個買ったかわかりません笑

確実な釣果や、差をつけて釣果を求める方はもはや必須ですね。(^^;)

 

JACKALL(ジャッカル) タイラバ ビンビン玉 スライド TGヘッド 156g レッドオレンジ

JACKALL(ジャッカル) タイラバ ビンビン玉 スライド 100g レッドゴールド/エビオレンジ

 

タイラバ 鯛ラバ 鯛カブラ 180g 1個 タングステン ヘッド ルアー 遊動式 交換用 スペア タイカブラ 真鯛 青物 底物 海釣り 重り 仕掛け

【スカート】

スカートとはタイラバのラバー(ゴム材料)の部分です。

色、形状の組み合わせはまさに無限大です。

いつも船上で頭を悩ますのがこの部分です。

私の一例ですが、どうやら私は赤、オレンジ系統のカーリーテイルが好きみたいですね笑

ハズレというセッティングはありませんが、私の場合は全体のボリュームは下げてスカートと針が絡まらないように心がけています。

潮が緩いときは大きく動くものや、状況に合わせて変更してみてください。

色に関しては当日の当たりカラーを探すのか、もしくは当たってる人のものを参考にするといいですよ♫

針に関しては2~4本針を使用しています。

ばらしの多い釣りですが、4本針で一度かかればばらしが大きく減りました。

ダイワ(Daiwa) タイラバ カットスカート 紅牙 3Dドット 斑オレンジ 069793

ダイワ(Daiwa) タイラバ カットスカート 紅牙 3Dドット オーロラ 069816

ダイワ(DAIWA) 紅牙 替えフック SS II 4本段差 M

ロッドやリール、リールセッティングについてはまた今度でも♫

タックル紹介カテゴリの最新記事