【ジギング】おすすめジギングロッド 厳選5選!

【ジギング】おすすめジギングロッド 厳選5選!

船に乗りオフショアで行うジギングでは普段では釣ることが難しいような大物や旨い魚たちに出会えるチャンスがぐっとひろがります。

大型魚との駆け引き、唸るドラグ音。一度体験してみるとやみつきになること必須。

まずは初めての方や初心者でも入門しやすいブリやカンパチ、真鯛やタチオウをメインにジギングタックルの紹介します。

出典:“シマノ

ジギングタックルを選ぼう

いざロッドを選ぼうと思ってもたくさんあってどれがいいのか不安・・と思います。

対象魚種によっても変わってきますが一番大切なのがジグウェイトです。

基本は80~200g程の間に対応しているロッドを選んでおけばスタンダードに使えます。

多少ジグがロッドのジグウェイトが超えてもアクションのつけ方でふわふわとしゃくるぶんには多少は問題ありません。

(潮の流れが複雑だったり速い潮が流れる地域では200g程度もしくはそれ以上のジグを使うことがおおいです。)

ロッドの長さについては6フィート前後が多いと思います。

ジギングはジグをしゃくってアクションさせて魚を食わせますがロッドが長すぎるとしゃくりが大変です。

青物用の反発力が強く短いロッドもありますので、青物を中心に釣りに行きたいという方はショートモデルのロッドを選びましょう。

やりこんでいくうちにロッドについても増えていくとおもいますが、まずはこのロッドがあればOK!というようなタックルを紹介します。

おすすめジギングロッド

おすすめジギングロッド その1

【送料別途商品】【ダイワ】19ソルティガSJ 61B-2

感想(0件)

 もともとDAIWAはグローブライド㈱という会社で、釣り以外にテニスやゴルフ等を手掛けている会社ですので、ロッドを構成する元々の材料に対してのノウハウを非常に深く持っている会社です。ダイワの本気を感じる名ロッドが発売されました。

そんなDAIWAが出したスロージギング用のロッドです。

持った際の感想ですが

①軽い! ②細いけど大丈夫か?? ③すさまじい高弾性!

気になる重量はたった100g!一日中しゃくっても問題ありません。細身のブランクはX45コブラシールドで剛性をたかめているらしいです。釣具屋さんで実際に曲げさせてもらいましたが十分なネバリとロッドパワーがありました。また高反発で、ふわふわっと誘う伊勢湾でのスタイルにはGOODな仕上がりです。

おすすめジギングロッド その2

天龍(TENRYU) ホライゾン SL (HORIZON SL) HSL66B-H

筆者の私が大好きな天龍のスロー用のロッドです。

気持ち長めの弾性力のあるロッドで、ゆったりとしたスロージギングに向いたロッドです。

ファイト中もやはり天龍のいいところが出ていてバットの粘りがあるため、スロー用の竿ですがよっぽど下手をしなければ折れてしまうなんてことは無いですね笑

やわらかくファイトすることで“魚と喧嘩せずに釣り上げる”のが好きな私にはあった竿です。

 おすすめジギングロッド その3、4

伊勢湾ではベイトタックルが主流となりますが、スピニングもあれば非常に重宝します。

冬のブリシーズン日がよければ初心者でもブリを数本キャッチ!なんてよく聞きます。

初心者でも扱いやすいので選択肢のひとつですね!

夏のショゴ(カンパチの若魚)はよく釣れて美味しいターゲットなのでスピニングタックルで一狩りいくのもいいですね!

ダイワ(Daiwa) ジギングロッド スピニング ソルティガ ジギングモデル J61LS・J 釣り竿

また、新工法のHVFナノプラスを採用してあり、軽量で強靭なロッドであり、非常に軽くて細身のバットから想像以上のパワーがだせるロッドです。しなやかに青物の動きに追従してくれるのでバラしについても安心したファイトが楽します。ジグウェイトは200g対応OKです。筆者も愛用の1本ですが大型ブリでも余裕をもって制することが可能です。DAIWAのフラグシップモデルであり頼れる製品です。

ダイワ(DAIWA) ライトショアジギングロッド スピニング キャタリナ 61LS・E ライトショアジギング 釣り竿

 「実釣第一主義」

魚を捕ることに磨きをかけたロッドであり、ソルティガに迫るつくりになっています。10kg程度のブリであれば十分対応しています。ジグウェイトについても200gまで対応しているので安心して使用できます。

おすすめジギングロッド その5

 

シマノ(SHIMANO)ジギング ロッド ゲーム タイプ スローJ B683


繊細な操作ができるロッドでありつつ青物の強烈な動きを制することが出来る優秀ロッドであり、テクニカルな操作がしやすく初心者でも簡単に扱うことができるロッドです。

初めの1本にはもってこいのロッドです。

おすすめジギングロッド その6

天龍(TENRYU) ホライゾンLJ HLJ621S-FML

 ロッド長さが長くなく扱いやすく、青物、シーバス、タチウオ、真鯛をメインターゲットにした汎用性が高いロッドです。ジグの操作がしやすく思った通りの繊細な動き実現できます。繊細な操作をしつつ、それでも不意の大物にも対応した粘りのある性能があるのでまずは1本!という方におすすめです。天龍から販売を行っている水深100m前後のエリアで100~150gまでのジグの操作に長けたモデルです。非常にしなやかで綺麗な曲りをしてくれる上に、粘りのあるバットが非常にいい名ロッドです。(200gのジグでもアクション次第で使用可能です。)

 

オフショアジギングは大海原で大型魚と出会えてしまう素晴らしい釣りですね♪

ジギングはじめてみませんか♪

【2019年版 ジギング】オフショア入門~中級者向け おすすすめリール8選!

 

 

 

タックル紹介カテゴリの最新記事