【ディープタイラバ】春の桜鯛 ~御前崎~

【ディープタイラバ】春の桜鯛 ~御前崎~

ディープタイラバ

近年全国的に流行りつつあるディープタイラバ。

今回も駿河湾、御前崎から出船してまいりました。

シーズンとしては春ののっこみ真鯛が狙えるシーズンですので大型の一匹を求めていざ出陣です。

 

伊達丸

今回お世話になったのは伊達丸さん。

定員は6+1人のドテラ専門のタイラバ船です。

かれこれ何回かお世話になっていますが、今のところ真鯛の坊主をくらったことがありません笑

もちろん駿河湾様と船長のおかげ様+道具の進化(メーカー様)のおかげで私は楽しいフィッシングライフを過ごしています。

ディープタイラバで必須なのがやはりタングステン。。

ビンビン玉シリーズは紅牙のユニットと組み合わせOKなので愛用しています!

JACKALL(ジャッカル) TGビンビン玉スライドヘッド 156g F068 オレンジゴールド

JACKALL(ジャッカル) TGビンビン玉スライドヘッド 156g F071 ディープブラック

そしてやっぱりブラックカラーは釣れますね(^^;)ここぞで使うと周りと暴力的な差をつけてしまうことも・・笑

秘密兵器でおすすめですよ。

出船

いざ出船。朝のこの瞬間が一番わくわくしますよね~

何のカラーでどのネクタイで重さは何gでいこうか。潮はうごいてるかな~早くポイント着かないかなと。

そして到着して船長第一声、ベイトすごいよ~177mからやってみようか~

深すぎます笑

急激に浅くはなっていきますがなかなかのディープゾーン

周りをみていると本命はこそでませんが、でかアジやオニカサゴや外道が連発。

そうしていると友人が、、

どかんと良型のきれいな桜鯛をGET

(いつも先に釣られる・・)

 

魚探の反応は底~20mまでの浮いた反応

友人はボトム5mで釣ったとのこと

 

これが難しい釣りの始まりでした

 

ボトムからさぐっていても鯛の反応がなくしばらくたち、

もしやと思い15~25m付近を中心に誘うと、

本命登場

魚探で浮いた反応が本命だったですね~

ボトムにも居るのでしょうが、多くは浮いていたらしくわかるまで効率的に釣りが難しい日でした。

ですが、わかってしまえばこっちのものです。

3人で頭フル回転してネクタイ、ヘッドのカラー、探る棚、巻スピードを探ります笑

大人げないですが最強です。

当日はミドリカラー 巻速度並み 棚20m の1つの正解を導くことが出来楽しい釣りにすることができました。

ダイワ(DAIWA) メタルジグ 紅牙 ベイラバーフリー ヘッドα 200g ドチャート

 鯛釣りは楽しいですね~

わかってしまえば↓の通りです♪

 

(↑が水深170mで針にかかっていたのですがわからずに、良い潮走っているな~食うならここだなぁ~としばらくやっていたトラブルは秘密です。。) そんなん、わかるか!!涙

 

そして帰り際漁港をみると沈没船が!!

知らなかった・・

今度きたらウツボでも狙ってみましょうかね笑

(任天堂マリオ64のウツボのようにでかいのがきっといるはず)

 

あとはただ飲むだけ・・

 

タックル

ダイワ(Daiwa) タイラバ ロッド 紅牙X 69XHB

ダイワ(Daiwa) PEライン UVF 紅牙センサー 8ブレイド Si 300m 0.8号 13lb マルチカラー

モーリス(MORRIS) ショックリーダー バリバス フロロカーボン 30m 4号 16lb ナチュラル

ダイワ リール ソルティガ BJ 100PL-RM

鯛らばねっと 鯛らばねっとオリジナル鯛ラバ(遊動型ヘッド&ラバー&フック)セット タイプ1

 

オフショアカテゴリの最新記事