【遠州灘,静岡サーフ】絶好調表浜ヒラメ釣行

【遠州灘,静岡サーフ】絶好調表浜ヒラメ釣行

【遠州灘サーフ】

表浜にてヒラメの調子があがってきたので気合いを入れていってきました。

秋のシーズンにはいってから初のヒラメ狙いです!

遠州灘の長く広い砂浜は表浜と呼ばれ、ヒラメ釣りのメッカとされています!

毎年この頃になると、表浜方面ではベイト次第で青物もよく混じるのでそこにも少し期待です。

事前情報ではサイズはそこそこですが、数は多く入ってきているとのこと。

【朝間詰め】

やはり釣れているだけあって人の数が非常に多いです..

広いサーフは一見変化がなく、どこで投げても釣れそうな気がしますが

実はヒラメ釣りではポジションは非常に重要で地形の変化や離岸流には非常にシビア。

ずらっと人が並んで動けなくなってはいけないので朝4時にはサーフへGOです。

早起きはつらいですが、夜のサーフは気持ちがいいです。

空気が冷たく澄んでいるので星がきれいでオリオン座やその周りの小さな星や運いいことに流れ星なんかも見ることが出来、友人と男2人で天体観測しながらポイントチェックです。。()

はじめはサーフにいってもわからないことが多々多いですが、ちょっとした変化をみつけて探ってみてください!

 

暗いうちは正直、海の状況はわかりませんが4年近くかよっているサーフですのである程度把握できていることや最近のタックルの高性能化で海の状況が解ってきます。

ランガンチェックしたのち、だんだんと人が入ってきたので場所を据えて朝間詰めを迎えることにしました。

・・しばらくやりますが周りも含め釣れている様子はありません。

手前をミノーやワームでせめていましたがここで作戦変更です。

【水壁】

沖合約80mラインに壁のような強烈な潮の流れがありあっという間にジグが流されてしまいます。

この壁の下についているはずの魚を狙撃します。

見たことはないので妄想から抜けませんが強烈な潮目の下にブレイクなんかがあった場合に、

ベイトをその潮目に押し付けて捕食しているフィッシュイーターが必ずいるはずです。

(ベイトはきつい流れには好んで入らないのでは?もしくは体力が無くなったものから壁からぽとっと出てくるのでは?なんかと思ったりしてます。)

ジグを100m弱キャストして、リフト&フォールで壁の中から弱った魚を模して80m付近のブレイクに落としてあげます。

そうするとフォール中に違和感。

もういっちょリフトした瞬間、ガツン!と一撃!

慌てずに合わせてもってくると、首をガンガン振り始めます笑

ひらめじゃないなぁと思いつつも丁寧によせてキャッチです♪

ナイスコチ♪

水温が今年はまだ高いのでしょうか?とにかくうれしい1匹です!

たまたまかもしれませんが作戦がはまったときは感慨深いですね

そのあと友人にもあたりがありますが乗せきれず、その後粘りますが終了です。

やはり静岡サーフは遠浅な地形ですので、状況に合わせてロングキャストは出来る準備をしておく必要がありますね。経験上そんな機会も多いです。ナブラにとどかない~のは悲しいです(涙)

【夏河豚】

コチは見た目はごついですが、夏のフグと言われるほど身は上品な高級魚です。

まずは刺身にして日本酒と合わせると最高です♪

癖のない上品な白身で、口の中にひろがる甘い後味。

旬は夏ですがそれでも非常においしかったです♪

釣り人の特権です♪

 【タックル】

シマノ スピニングロッド ネッサ CI4 フラットフィッシュ S1102MMH 11.2フィート

リール

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 13 バイオマスターSW 4000XG

ルアー

マリア(Maria) メタルジグ ムーチョ・ルチア 68mm 45g ピンクキャンディー 11H ルアー

アムズデザイン(ima) メタルジグ ルアー サンティス 33g 玉彩 #ST33-006


ライン

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 8本編み 200m 1.0号 スーパーブルー 22.4lb PL-M68R

新品価格
¥2,157から
(2018/11/11 22:40時点)

ノットアシスト

第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック

獺祭(だっさい) 純米大吟醸50 1800ml

釣行カテゴリの最新記事