【静岡サーフ】片浜海岸ショアジギング釣行(後篇)

【静岡サーフ】片浜海岸ショアジギング釣行(後篇)

【静岡サーフ】片浜海岸 イナダ釣行後編

見えないベイト

最近まではサッパの小さい群れが大量にいましたが当日はどこかへ行ってしまっていました。

ひたすらジグをローテーションさせて、深い棚からフォールを織り交ぜる等なんとか口を使わせようと必死になりますが反応はなく。マイクロベイトなのか?と思いジグにタコベイトを装着させます。

↑のルアーはしゃくるとフックが絡んでしまうので、激しいアクションはせずに巻いて誘う必殺の仕掛けです。

魚を捕食していなく、アミエビやイカ等を中心に食べている時に非常に期待できます。

【ファーストラン】

そうして信じて巻いていると、狙い通りガツンとあたりが。

よしといつも通り合わせた瞬間ドラグから

ジィィィィィィィジジジーーーーーーーー!!!!!

様子がおかしいです汗汗

ファーストランで30mラインが出ていくではないですか・・

しかし、コロソマ釣行で不意のファーストラン耐性はつけていたので比較的冷静に対処出来ました。

【浜名湖】浜名湖フィッシングリゾート コロソマ釣り

(ありがとうコロソマ)

コロソマに感謝しつつ、そこからは一進一退の攻防が始まります。

寄せてはラインが出ていき、PEも1号ですのでそこまで無茶はできません。

お昼前で人も少なくサーフを広く使いなんとか寄せてきます。

大型カンパチか??でも根には潜らないなぁと思いつつ

現れたのはなんと

 

 

 

ドーンと立派なメジマグロ!

ショアジギングの最高峰の1つです。

口元にはしっかりとタコベイトがフッキングしてしいます。

血抜きを行い、内臓をとってみると胃の中にはやはりアミエビしか入っていませんでした。

偏食している個体にはやはり一工夫した攻め方が必要なのだのと実感した釣行になりました。

そのあと隣で海に来ていた小さい子が現れ、にこにこと”それなぁにー”話しかけてくれました(ほっこり)

ぼくも大きくなってマグロ釣るんだよ!と声をかけてあげましたが。ふとあの子が将来マグロ漁師になっても責任はとれないなぁと。ちょっとだけ幼き子の将来に影響させてしまったのではないかと思いましたがそれはそれでいいですよね。夢は大きくBoy’s be ambitious

普段はキャッチアンドリリースばかりなのですが、魚も弱っていたことやメモリアルフィッシュであったのでありがたく頂くことにしました。

鉄火丼にしておいしくいただきました。

旨い魚には日本酒がよく合います。

小さいながらにもトロは脂がのってあり旨い魚でした。

↑の酒は実家に帰省した際に蔵元に直接いって購入した豊盃の限定物です。

三浦酒造という小さな酒蔵ですが味は間違いないです。

青森の地酒ですのでもし見かけたら是非ご賞味ください♪

(サーフ釣行にはタコベイトを忘れずにもっていきましょうね!秘密ですよ!笑)

三浦酒造 豊盃 豊81 1800ml 限定酒

ヤマシタ(YAMASHITA) タイラバ 鯛歌舞楽(たいかぶら) 波動ベイト 約68mm オレンジ金 #3

釣行カテゴリの最新記事