【静岡サーフ】片浜海岸ショアジギング イナダ釣行(前篇)

【静岡サーフ】片浜海岸ショアジギング イナダ釣行(前篇)

【片浜海岸釣行】

秋風が吹き始め水温がグッと下がり始め、秋の回遊魚が盛り上がってきている10月の静岡サーフへ行ってきました。

イナダのサイズもだんだんとよくなってきていてタイミングさえ合えば大規模ボイルにも出会うことができると胸を躍らせて仕事終わりに仮眠をとって出発です。

【朝間詰め】

少し寝坊やトラブルにより到着して釣り始めたのが6:30頃からのスタートです。

急いで準備していたためにラインが毛羽立っていたのを見逃してしまい、朝からリーダーを組みなおします涙

不器用な私には第一精工さんのノットアシストがないとFGノットが組めません涙

なくしたルアーの数は数えたくもありませんが、ノットアシストのおかげで最近は安定しています。

ノットアシストが販売中止になったら釣りをやめないといけないかもしれません笑 依存しています・・

(リーダー組みの風景)

そんなこんなでサーフに降り立つと20m程度に1人程度の思ったより混雑の無い現場でした。

 

青物の気配が薄く帰り始める人たちもいましたが、広そうなところへ隣に声をかけて入れてもらいました。

天気は曇天で光量がすくなかったのでジグパラの赤金、緑金。ムーチョのカラフルカラーの実績ルアーたちで探っていきます。

が、青物釣りでは仕方のないことですが反応が悪く回遊がないのか、魚が口を使ってくれないのか周りも含め反応がありません。

当日は北東の風が強く、南から雨が迫ってきていたので片浜より南では釣りがしにくい状況だと予想できたのでネバリング開始です。

キャストをし続けること4時間。やっと魚からの反応が。

けっして大きいサイズではありませんが嬉しい一匹です。

お腹を見るとそれはもうパンパンに膨れていて、魚の形がおかしくなっています笑

サイズ的にも群れているはずのイナダでしたので口を使ってくれないパターンなのかなぁと思いジグに一工夫。

テールにタコベイトを装着です。

タコベイトの可能性は無限で北海道の鮭釣りなんかではよくお世話になっていた最終兵器です。

口を使わない魚にどう使わせるか。私のなかで難しい状況での突破口の1つです。

これが思わぬ魚を呼んでくれることになるとは・・笑

タックル

シマノ スピニングロッド ネッサ CI4 フラットフィッシュ S1102MMH 11.2フィート

リール

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 13 バイオマスターSW 4000XG

ルアー

マリア(Maria) メタルジグ ムーチョ・ルチア 68mm 45g ピンクキャンディー 11H ルアー

タコベイト

ヤマシタ(YAMASHITA) タイラバ 鯛歌舞楽(たいかぶら) 波動ベイト 約68mm オレンジ金 #3

ノットアシスト

第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック

釣行カテゴリの最新記事