【世界ランカー捕獲チャレンジ】 タニガワナマズ釣行

【世界ランカー捕獲チャレンジ】 タニガワナマズ釣行

タニガワナマズ

みなさん、ナマズ界隈がいま盛り上がっています!!

国内、57年ぶりに新種が発見されました!!

ナマズといえば、下流域の砂地泥地の浅く流れの無いところにいるようなイメージですが

タニガワナマズは名前の通り、谷川の清流に住まうナマズです。

初めての釣行でしたのでなかなかイメージがわかずポイント選びに苦労しましたが楽しい釣りになりました♪

新種認定があって間もなかったので世界ランカーを狙いに遊んできました笑

 

川の上流へ

三重、東海地方の山奥の清流域で標本個体を捕獲したということでしたので三重の山奥へ潜入調査です。

初めての魚って最初の1っ匹までイメージがつかないですよね?

昔は広い広いサーフからヒラメを引き出したり、真夜中のシーバスはほんとに居るのか?ルアーなんて見えるのか??カツオなんかはこんなジグを速巻で喰えるのか???と思っていました。

ポイントはイメージとしては渓流から川へ変わるような上流域です。

穏やかな気持ちになれる田舎です。

流れがそこそこあり、水深もあります。

場所チェックがてらルアーを通しますが反応はありませんでした・

夜になり、目星をつけていた地点でミミズで餌釣りです。

ポイントには大きな大きな錦鯉もいたので、きっとナマズもいるだろうと信じてです。

始めるとすぐに小さなあたりがありますが乗りません。

正体をつかむべくアジング用の小さな針に変えると・・・

ギギです。

この子も渓流ナマズの一種で、普段はお目にかかれないナマズです。かわいい・・(*^^)v

ギギのマンションを見つけたのか、たくさん釣れますが今日の狙いはタニガワさんです。

しばらくすると、ギギではないい大きなあたりが!重みのある引き!

アジングの小さな針のため慎重に慎重に寄せます!

ナマズです!本当にいたんだと驚きをかくせません。

タニガワナマズの特徴は前歯の一部がつながっていません。

ぎりぎり繋がっていないような笑

ただし、未成熟の個体であるので成長とともに特徴が際立っていくことや、釣れた場所を考えるとタニガワナマズであると思われます。

次回は世界ランカー取りたいなぁ笑

釣行カテゴリの最新記事